FC2ブログ

珈琲焙煎 香楽

福島県いわき市にある築100年の蔵をリノベートしたカフェ&ビーンズショップ

9月の新着豆

「茜色ブレンド」
 「モカジャバ」という世界で最初に作られたと言われるブレンドがあります。伝統的なモカジャバはイエメンモカとジャバ・ロブスタ(インドネシア)のシンプルなブレンドです。これを参考にエチオピアモカ・ナチュラルとインドネシア・マンデリンを使って秋の紅葉をイメージしたブレンドを作りました。
 エチオピアモカ・ナチュラルとマンデリンは個性の強いコーヒーですので、これだけでは好みの分かれるブレンドになってしまいます。そこでコロンビアを加えて親しみやすい味わいに仕上げました。
 エチオピアモカ・ナチュラルとマンデリンが合わさった複雑な香り、ひと口飲んでみると、まろやかな口当たりで豊かなコクがあり、甘い余韻が長く続きます。マンデリンのスパイシーさにエチオピアモカ・ナチュラルのフローラル感が加わって何とも言えない魅力になっています。

「ボリビア アルベルト・ポマ」
 3年振りにボリビアのコーヒーを販売します。ボリビアは南米のほぼ中央に位置し、4,000m以上の山々が連なるアンデス高地をはじめ自然環境に恵まれている国です。
 透明感がきれいな味わいとなって、爽やかで優しい口当たりになっています。少し冷めてくるとココアを思わせるコクと甘みが感じられ、さりげなく個性が際立っています。同じ南米のブラジルやコロンビアとはまた違ったテイストで個人的に気に入っています。
茜色2

PageTop

お盆休みのお知らせ

13日(火)~16日(金)までお盆休みをいただきます。
ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。

PageTop

8月の新着豆

「なついろブレンド」
 エチオピアモカ・ナチュラルの豊かな香りと甘さをいかしたブレンドを作りました。真夏の太陽をイメージした夏のコクまろ系ブレンドです。
 エチオピアモカ・ナチュラル特有のベリー系やローズ系フローラルな香り、ひと口飲んでみると、まろやかな口当たりで豊かなコクがあり、甘い余韻が長く続きます。少し冷めてくると、赤ワインやミルクチョコレート、キャラメル、バニラっぽさも感じられます。

「グァテマラ ラリベルタッド・レゼルバ」
 ウエウエテナンゴ地域の素晴らしいコーヒーをご紹介します。単一農園の豆ではありませんが、ラリベルタッド地区のコーヒーの中で優れた風味特性を持つロットを選抜したものです。
 まずは香りが華やかですね、ひと口飲んでみるととても滑らかな口当たりです。まろやかで甘さを伴った心地良い余韻が感じられます、繊細で上品な印象のコーヒーです。
なついろ2

PageTop

7月の新着豆

「アーリーサマーブレンド」
 初夏向けの爽やかな印象のブレンドを作りました。爽やかさと少し軽めの味わいをイメージしています。エルサルバドルのマイルドな味わいをベースにしてケニアとエチオピアモカを使いました。香りがよくて親しみやすい味わい、キレのよい爽やかな印象のコーヒーです。
 蒸し暑い梅雨から夏に向けてお勧めのコーヒーです。

「コスタリカ ラ・カーサ農園」
 コスタリカは強い味わいのコーヒーが多いのですが、ラ・カーサ農園は繊細で上品な印象のコーヒーです。毎年ご紹介していますが、お客さんの評判も良くリピートする方が多いです。
 少しだけ深く煎っているので、上品さだけではなく、まろやかでクリーミーな味わいを強調しました。余韻の甘さが印象的で次のひと口を誘います。
アーリーサマー2

PageTop

6月の新着豆

「ブラジル ペドラレドンダ農園」
 とても柔らかな口当たりで、親しみやすい味わいですので、どなたにも安心してお勧めできます。6年目の取り扱いになりますが、毎年品質が安定しているように感じています。きれいな味わいでまろやか、ミルクチョコやアーモンドのような風味と甘さが印象的です。サクッとしたクッキーにぴったりなコーヒーですね。

「アイスコーヒーブレンド」
 お勧めのアイスコーヒーの淹れ方は、濃い目にコーヒーを淹れて、たっぷりの氷を入れたグラスに注いで急冷する方法です。コーヒーメーカーでも作れますね。その際にはロックアイスを使用してください(家庭の冷凍庫で作った氷はすぐ溶けてしまいます)。香り高くすっきりしたアイスコーヒーが出来ることをお約束します。

「水出しアイスバッグ」
 アイスコーヒーブレンドを「水出しアイスバッグ」にしました。作り方はいたって簡単!口の広い容器にアイスバッグを入れ、水を注いで約12時間待てば出来上がります。麦茶の作り方と同じですね。
水出し3

PageTop