FC2ブログ

珈琲焙煎 香楽

福島県いわき市にある築100年の蔵をリノベートしたカフェ&ビーンズショップ

パナマ

 パナマのコーヒー生産量は少なく、同じ中米のグァテマラの約3%位しかありません。生産量が少ないため知名度は低いですが、品質は他の中米産に匹敵します。その特徴は上品で繊細、ややあっさりした風味のコーヒーが多いように感じています。

 パナマと言えば”ゲイシャ種”が有名で、なかでもエスメラルダ農園が有名なのですが、ゲイシャに特化した農園ではなく他の品種のコーヒーも生産しています。販売中の「ダイヤモンドマウンテン」はゲイシャとは違いますが、生産者の技術の高さや恵まれた自然環境など、この農園の素晴らしさが伝わってくるコーヒーです。

 華やかな香り、シルキーで柔らかなマウスフィール、何とも言えない心地良い甘い余韻が長く続きます。少し冷めてくるとパカマラ種を思わせる白ワインの風味も感じられ、スペシャルティコーヒーのなかでもトップレベルだと感じました。

PageTop

11月の新着豆

 「ムーンライト」
 秋から初冬向けのコクまろ系ブレンドを作りました。コクまろ系でも少し深煎りの感じを強めています。芋、かぼちゃなどのスイーツが美味しい季節なので、一緒に楽しんでいただけるコーヒーをイメージしました。もちろんそのままでも美味しく飲んでいただけます。
 深みのある香り、ふくよかなコク、まろやかで余韻にスイートチョコやスパイシーさが感じられます。

 「パナマ エスメラルダ農園・ダイヤモンドマウンテン」
 華やかな香り、柔らかな口当たりでシルクのような滑らかさが感じられます。少し冷めてくると紅茶のような雰囲気も感じられ、上品な甘い余韻がいつまでも口の中に残ります・・エレガントなコーヒーですね。

 「エルサルバドル アグアカリエンテ農園」
 一般的にエルサルバドルのコーヒーは日本人好みの酸が控えめで優しい味わいのものが多いのですが、アグアカリエンテ農園もまろやかな口当たり、心地良い甘さがあり、すっきりした後味でホッと和らぐコーヒーです。
ムーンライト

PageTop

ブレンドコーヒー

 ブレンドコーヒーは混ぜものでストレートコーヒーよりも劣ると思われている方もいるようですが、決してそんなことはありません。数種類の豆をそれぞれの特徴をいかしながらブレンドすることでストレートでは味わうことの出来ない風味や美味しさを創り出すことができます。

 ブレンドを作るときには、最初にどのような美味しさを伝えたいのかを考えます。イメージができたら豆を選んで試作を繰り返します。作り方に決まったルールはありませんが、たくさんの豆を混ぜ合わせた方が、より複雑な味わいになると思われますが、逆にそれぞれの個性が消えてぼやけた味になります。一般的には3、4種類、多くても5種類の豆で作ります。

 ストレートを中心に販売しているお店も多いですが、やはりブレンドはお店のオリジナルであり”顔”ですから特に力を入れています。”ブレンドが美味しい店にハズレがない”っていいますからね!!

PageTop

10月の新着豆

「オータムリーフ」
 ボリビアが入荷したのでボリビアのココアっぽいコクと甘さをいかしたブレンドです。秋をイメージして、あまり軽すぎず深すぎない味わい、栗などのお菓子と一緒に楽しんでもらえるように仕上げました。
 華やかな香りがあり、ひと口飲んでみると、滑らかな口当たりでまろやか、心地良い甘い余韻が長く続きます。上質な印象のコーヒーに仕上がったと思います。コロンビアのまろやかさをベースにしてボリビアとエチオピアモカで華やかさと甘さを印象的にしています。

「ボリビア アルベルト・ポマ」
 透明感がきれいな味わいとなって、爽やかで優しい口当たりになっています。少し冷めてくるとココアを思わせるコクと甘みが感じられ、さりげなく個性が際立っています。同じ南米のブラジルやコロンビアとはまた違ったテイストで個人的に気に入っています。
オータムリーフ2

PageTop

9月の新着豆

 「茜色ブレンド」
 「モカジャバ」という世界で最初に作られたと言われるブレンドがあります。伝統的なモカジャバはイエメンモカとジャバ・ロブスタ(インドネシア)のシンプルなブレンドです。これを参考にエチオピアモカ・ナチュラルとインドネシア・マンデリンを使って秋の紅葉をイメージしたブレンドを作りました。
 どちらも個性の強いコーヒーですので、コロンビアを加えてバランスのよい味わいに仕上げました。
 エチオピアモカ・ナチュラルとマンデリンが合わさった複雑な香り、まろやかな口当たりで豊かなコクがあり、甘い余韻が長く続きます。マンデリンのスパイシーさにエチオピアモカ・ナチュラルのフローラル感が加わって何とも言えない魅力になっていると思います。

 「グァテマラ サンタクララ農園」
 4年前に訪問したアンティグア地方のサンタクララ農園です。4代続いている歴史ある農園です。アンティグアは観光地でもあり、石畳みの美しい街で、世界遺産に登録されている教会などもあります。朝、少し早く起きて1時間ほど散歩したことを思い出しました。
 先月まで販売していたラリベルタッド地区は繊細で上品なコーヒーでしたが、サンタクララ農園は、やや深煎りに焙煎をして、豊かなコクとスイートチョコのような魅力をいかしました。まろやかな口当たりで優しい甘さが際立っています。
茜色2

PageTop