珈琲焙煎 香楽

福島県いわき市にある築100年の蔵をリノベートしたカフェ&ビーンズショップ

第23回コーヒー教室

 昨日はコーヒー教室を開催、お一人の参加でした。
 参加された方は市外にお住まいなのですが、いわきに来ると寄ってくれるコーヒー好きな男性です。お一人だけの教室は始めてだったのですが、今回は、教室というよりもコーヒーについて二人で雑談している感じでした。
 雑談の中で、ブルーマウンテンよりも値段の高い「ゲイシャ」という品種のコーヒーの話になり、ある有名店では100g5,800円で売りだしたとのことで、飲んでみるか迷っているようでした。私もまだ飲んだことはないのですが、ゲイシャという品種のコーヒーには独特のフレーバーがあるそうです。でも値段が・・・当店の10倍以上!!!
 実際の抽出では、その方の好きなマンデリンを淹れてみました。淹れたコーヒーをほかのお客様にも振舞うなど、のんびりムードの教室でした。
 たまには、こんな教室もいいもんですな~

コーヒー教室

PageTop

愛想のないマスター

 昨夜、久し振りに飲みに出かけた時の出来事。
 カウンターで飲んでいたのですが、たまたま隣に居合わせたお店の常連らしい白髪の男性と会話が弾み、仕事の話になったときに、
  白髪の男性 「何の仕事してんの?」
  私       「近くの蔵でコーヒー屋をやっています」
  白髪の男性 「あっ、あそこの蔵の愛想のねえ店けぇ?」
          「前に行ったことあっけど愛想ねえんだぁ、あの店、あんたマスターけぇ?」
  私       「はい」

 周りの人達には受けていましたが、私は微妙・・・たしかに愛想がいいほうだとは思いませんが、これでもお客様には「前よりは大分よくなったわよ」と言われています。
 一生懸命愛想よくしますので、ぜひ、もう一度ご来店ください!

  

PageTop

第22回コーヒー教室

 一昨日はコーヒー教室を開催、お友達どうし3名の参加でした。
 教室では、実際にコーヒーを淹れてもらうだけではなく、コーヒー豆の選び方や保存の仕方、さらにコーヒーの最新動向などについても話をさせていただいています。普段は口数の少ない私もコーヒーのこととなると口が滑らかになってしまい、1時間半の予定がオーバーしてしまうこともしばしばです。今回も30分のオーバーでした、ちょっと反省。
コーヒー教室5

 

PageTop

ジェフ・ベックさま

 店の入口のそばに「ジェフ・ベック」の写真を展示しています。写真家の堀田正矩さんの撮ったもので、アリオスからお借りしているものです。
 ジェフ・ベック・・・40過ぎの音楽好きの方ならご存知だろう、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジと共に3大ギタリストに数えられた人です。
 こんな私でも学生時代にはロックバンドのギタリストに憧れてエレキギターを弾いていました、バンドを組んでいたこともあります、決して上手ではありませんでしたが・・・。今、改めて当時のアルバムをCDで聞いてみると学生時代のことが想い出されます。時代は変わってもいいものはいいですね。
 残念ながら著作権の関係?で写真を掲載することはできません。12月25日までお借りしておりますので、ぜひお店でご覧になってください。 

PageTop

ドイツワイン

 昨日は友人から、「おいしいワインを頂いたから皆で飲みましょう」とのお誘いがあり、某店へワインを持ち込んでの食事会でした。
 東京に住んでいた時にワイン教室に通っていた時期があり、その時には随分といろいろなワインを飲んでいたのですが、今ではビールか芋焼酎に変わり、ワインの知識も味もすっかり忘れてしまいました。
 頂いたのはドイツのアイスワインと貴腐ワイン、どちらも糖度が高く甘口で、食後酒やデザートワインとして飲まれるものです。
 気がつけば4時間ほども店にいて・・・リラックスしすぎました。

ドイツワイン

PageTop

第21回コーヒー教室

 一昨日はコーヒー教室を開催、今回は2名の参加でした。
 実際にコーヒーを淹れていただいた時に、粉がよく膨れるのに驚いていたようでした。焙煎したての新鮮なコーヒーは”炭酸ガス”をだしているので膨らむんですね。参加された方はいつもコーヒーを粉で購入していたとのこと、粉の場合は豆に比べて表面積が数百倍も違うため、ガスがあっという間に抜けてしまいます。そのためにお湯を注いだときに膨らまなかったんですね。
 最後の一杯までおいしくコーヒーを飲むためには、豆で購入し、淹れる前に挽くのがベストなのです。もし粉で購入した場合は、気密性の高い容器に入れ冷凍保存することをお伝えしました。これだけでも随分違うはずです。
教室4

PageTop